自動車産業

IFS Applicationsは、長期にわたり、自動車産業に向けて最適なERPソリューションを提供しています。

自動車産業向けIFS Applicationsは、設計統合から需要管理、サプライチェーン、フルライン生産、販売および保守サービスまでの自動車のライフサイクル管理を支援します。これらの機能は、会計管理および人事管理と完全に統合されています。IFS Applicationsの他に類を見ない豊富な自動車産業向けの機能は、自動車メーカー(組立業者)やサプライチェーンの各層のサプライヤーにさまざまな効果をもたらします。

IFS is a leading supplier of enterprise software to the Automotive industry

IFS helps automotive organizations to embrace what’s next by providing:

  • Industry expertise
  • Agile software
  • Global reach

Automotive corporate video

 

MagnaFlow uses IFS Applications for automotive ERP

MagnaFlow, a global manufacturer of high-performance automotive parts, was in need of an easy-to-use, scalable enterprise software solution that could grow with the business, as well as enable accurate fulfillment and rapid turn-around and dispatch of customer orders. For MagnaFlow, the solution was IFS Applications.

MagnaFlow uses IFS Applications for automotive ERP

 

IFS gives Toyota Lanka the agility and confidence to deliver their objectives

Maintaining Toyota’s world-renowned reputation for excellence in customer service is the essential objective of Toyota Lanka, the Sri Lankan subsidiary of the Japanese automotive manufacturer.

Toyota Lanka Testimonial video

自動車産業の特長

大手から中小企業まで、グローバルサプライチェーンを形成するさまざな企業を支援

自動車業界各社が課題を満たすためにIFS Applicationsを求める理由は、IFSが他に類を見ないほど多くの生産戦略とビジネス管理戦略を支援しているからです。大手企業や中堅企業は、多国籍、多言語、マルチサイト、多通貨に対応したIFS Applicationsを導入することで、各国の会計処理や税処理に対応することができます。小規模の企業は、多様なビジネスプロセスや計画を包括的に管理できるソリューションとして、IFS Applicationsを利用できます。これらは、最終的にサプライチェーンの効率化とコスト削減につながります。

需要予測とリアルタイムのスケジューリング

トヨタ生産方式に基づいたIFSカンバン・ソリューションでは、リアルタイムな情報を使用して在庫を最小限に抑え、無駄をなくします。IFSカンバンの機能には、統合されたプラニングツール、用意されたカンバン計算式、グラフィカルなシミュレーションツールがあり、欠品を防ぐのに役立ちます。このような先進的なスケジュール計画ツールを利用して、同時に実行される複数のオーダー全体で必要な資材、要員、設備を予測し、生産能力を高め、操業の妨げとなるボトルネックを管理できます。また、IFSのプランニング機能と統合することで、需要予測に変更が生じた場合には、カンバン計算用のデータを取り出し、再計算したカンバンをプランニング・システムに戻すことで素早く追随できます。そして、変更が必要な工程を特定できます。

IFSのEDIソリューションは、顧客側が行う処理を簡素化し、出荷機能を自動化し、サプライヤーの評価を高めます。B2B EDI for IFSでは、XMLおよびWebサービスをサポートしています。

高品質の製品および業務プロセス

IFS品質管理では、故障モード影響解析(FMEA)をサポートしており、製品およびプロセスの課題を体系的に記録および分析することができます。また、統計的工程管理(SPC)をさまざまな業務にわたって適用し、プロセスのばらつきを減らし、継続的な改善を促進できます。ツール、標準手法およびグラフィカルなビジネスモデルの雛型を統合したIFS ビジネスモデラーは、ビジネスのリエンジニアリングを支援し、効率、収益性および顧客満足度の向上へとつなげるパッケージソリューションです。デジタルダッシュボードであるIFSビジネスパフォーマンスは、プロジェクトの成果、製品の品質、コスト、納期についてリアルタイムのスナップショットを提供します。

設備資産ライフサイクル管理

IFS Applicationsの文書管理と製品データ管理(PDM)ソリューションは、主要なCADツールと双方向に連携することができ、階層化されたサプライチェーンで必要とされる単一の正しい情報源を提供できます。このシステムでは、関係者は複数のCAD環境から必要な環境を選択できます。IFS Applicationsでは、システム内で設計変更を管理することで、効率を高め、重大な過失を回避できます。設計変更要求には、エンジニアリング部門からの設計改善、保守サービス部門からの欠陥報告、調達部門からのサプライヤーや資材の提案などがあります。

自動車産業

自動車部品サプライヤー向けIFS Applicationsには、生産管理、販売管理、サプライチェーン管理、保守サービス管理、設備資産管理、プロジェクト管理の機能があり、これらは会計管理および人事管理と統合されてます。IFS Applicationsは、スタンドアロン、あるいは既存システムとの統合など、さまざまな形態での運用が可能です。また、IFS Applicationsを段階的に導入し、全社的なシステムへと拡張していくこともできます。

自動車部品サプライヤーの中には、他の産業の製造業と同様に複雑な受注方式の複合生産に対応したソリューションを必要とする企業があります。しかし、多くの場合、カンバン方式などのリーン生産、電子データ交換(EDI)、マルチサイトの生産計画と実行などの自動車業界に特有の機能が必要とされます。

自動車メーカー(組立業者)にとって特に関心が高い機能は、複数のアルゴリズムに基づいた需要計画および予測、サービスレベルの契約内容に基づいたスペアパーツや保守の計画、受注設計生産および個別受注生産、プロジェクト型受注生産などのプロジェクト管理、製番管理です。

IFSエコ・フットプリント管理を使用すると、製品単位で環境への負荷を定量化できます。製品ライン、製造工程、事業部門または会社別に環境負荷の詳細なレポートを作成できます。

IFS Automotive Solution Map

お問い合わせ

IFS社やIFS Applicationsに関するご質問は、下記リンクのフォームからお寄せください。

フォームはこちら

IDC on big data and analytics

IDC takes an in-depth look at big data and analytics technology to provide their perspective on the situation, future outlook, challenges and opportunities.

IDC Report

ホワイトペーパー:自動車リーン生産の取り組みの妨げになるERPとは?

ERPソリューションで梱包・包装構造を管理できれば、出荷包装業務の要素を個々に管理するよりも素晴らしい成果を得ることができます。つまり、ERPが包装構造管理に対応できない限り、ビジネスに重要な要素はブラックボックス化されたようになり、管理者の目から隠れてしまいます。これは、自動車産業において、自社製品に対する顧客満足度を左右する重要なことです。

ダウンロードはこちら