油田掘削事業者ソンガ・オフショア、IFSでビジネスプロセスを標準化し、デジタル化の基盤を構築

ソンガ・オフショアは、競争の激しい北大西洋海域でビジネスを展開している国際的な中深海油田の掘削請負事業者です。同社は、統合型のERPシステム「IFS Applications™」を導入し、デジタル・テクノロジーを駆使した次世代の設備保全管理の実現に向けて一歩を踏み出しました。ソンガ・オフショアは、アーリーアダプター(早期導入者)としてIFSのIoTソリューションを導入し、現在、従来のカレンダーベースの定期保全から状態基準保全への切り替えを行っています。これにより、すべての油田でコスト効率を改善し、掘削リグの安定操業を維持していきます。

導入の効果

  • 油田掘削事業向けの包括的なソリューション
  • デジタル化への取り組みを可能にする統合型のERPシステム
  • 部門を越えた連携
  • 全社でビジネスの状況を共有
  • データの精度と分析機能を改善
  • レプリケーション機能による安定操業

File Information: 事例, pdf 0.6 MB

Share via E-mail Share to Twitter Share to LinkedIn Share to Facebook Share to Google+

事例

下記項目にご記入いただくと、PDFをダウンロードできます。

Your Details