アジリティを追求する企業のための
ソリューション

IFS Applications™は、豊富な機能をひとつの製品に統合した、コンポーネント型のERPソフトウェアです。アジリティを追求する企業にとって戦略的に重要な、「生産管理」、「サービス・マネージメント&設備資産管理」、「プロジェクト管理」、「サプライチェーン管理(SCM)」という4つのコアプロセスに重点を置き、これらを支援するソリューションを提供しています。

IFS Applications—包括的なERPソフトウェア

IFS Applicationsは、サービス・マネージメント&設備資産管理、生産管理、プロジェクト管理、サプライチェーン管理という4つのコアプロセスの管理を支援する統合されたひとつの製品です。 IFSの各業種に関する深い知識と、会計、人事(HR)、CRMなどの横断的ソリューションが加わることにより、すべてのビジネスニーズに対応できる完全なERPソリューションとなっています。

IFS Applicationsの詳細はこちら

ERP(企業資源の最適化計画)

IFSのERPソリューションは、高度なトレーサビリティが求められる食品・飲料製造業や航空・防衛産業、個別設計受注生産やEPC(設計・調達・建造)請負業といったプロジェクト(案件)受注型のビジネスを行う業種など、要求の厳しい組立生産やプロセス生産環境の管理に最適なソリューションです。

IFSのソフトウェア「IFS Applications」は、いかにしてこれらの業種の課題に対応しているのでしょうか? IFS Applicationsでは、通常のERPの機能に加えて、文書管理、プロジェクト管理、サービス・マネジメント、品質管理、CRM(顧客関係管理)のさまざまな機能をひとつのアプリケーション基盤の上に構築することができます。したがって、お客様は、現在必要とする機能を導入し、将来ビジネスのニーズの変化に応じて機能を追加していくことができます。

IFSのERPについて詳細はこちら

EAM(企業設備資産管理)

企業設備資産管理(EAM)は、現在主流となっている設備保全管理(CMMS)を上回る成果をもたらすものでなくてはなりません。これには設備資産ライフサイクル管理(ALM)が必要であり、これこそがIFSが提供するソリューションなのです。IFS社のビジネスはEAMソリューションを提供するところから始まりました。それゆえに、IFS Applicationsでは、EAMを支援する上で必要なすべての機能に加えて、文書管理、リスク管理、会計管理、在庫管理、契約管理などの機能が提供されています。シンプルな作業オーダー管理や保守在庫管理から、ゆりかごから墓場まで設備のライフサイクルを管理するための機能一式まで、資産集約型の産業にとって必要なソリューションを選択し、導入することができます。

IFSのEAMについて詳細はこちら

企業サービス管理(ESM)

IFSの企業サービス管理(ESM)機能は、製造業のアフターサービス部門や他社製品の修理サービスを請け負うサービスプロバイダー、テレコム企業、建設・エンジニアリング企業、エネルギー・公益企業など、さまざまな企業のサービス業務に対応できる包括的な保守契約ライフサイクル管理ソリューションです。現場で、工場で、顧客の拠点またはオフィスで、倉庫環境で、その他いかなる場所でサービス業務を行おうと、またそのサービスがパイプラインや道路といった線状設備であろうとも、IFS Applicationsによって最適なソリューションを実現しています。

詳細はこちら

ビジネスインテリジェンス(BI)

Enterprise Operational Intelligence

ERPや企業設備資産管理(EAM)あるいはフィールドサービス管理などの基幹業務システムは、業務プロセスの効率化には大変有益なものです。しかし、業務プロセスのさらなる可視化を実現するためには、ビジネスインテリジェンス(BI)に投資する必要があります。IFSは拡張性の高い組込型の分析ツールを提供していますので、ユーザーが個々の役割や職責に関連した情報をリアルタイムに分析し、全社的なBIを実現することができます。

詳細はこちら

サプライチェーン管理(SCM)

IFS Applicationsのコンポーネントとして、サプライチェーン管理の機能が提供されています。IFSのサプライチェーン管理ソリューションは、航空・防衛産業や石油・ガス産業および複数の生産拠点を持つ製造業など、難しい課題を抱える業種のロジスティクスを強力に支援します。

詳細はこちら

顧客情報管理(CRM)

IFSは、顧客情報管理(CRM)をERPに欠かせない要素として、コンポーネントを提供しています。基幹業務とCRMを連携することによって、部門を超えて顧客の情報を共有でき、より有益な方法で顧客のライフサイクルを管理することができます。つまり、顧客ごとに今何が起きているのかを把握することで、顧客サービスを改善することができます。

詳細はこちら

プロジェクト型事業管理(EPM)

プロジェクト管理は、IFS Applicationsの中核機能のひとつであり、プロジェクト管理とERPの統合あるいはプロジェクト・ポートフォリオ管理を実現するものです。プラントの閉鎖、新製品の開発、エンジニアリングといったプロジェクトのみならず、製品ライフサイクルも管理できます。

詳細はこちら