設備保全管理システム(CMMS)と
企業設備資産管理(EAM)の違いとは

予防保全や予知保全を行い、確実に保全作業を実施するためには、設備保全管理システム(CMMS)が必要です。

IFSは、設備に対してより高い安全性が求められる環境や、大量の保守業務を扱う部門にとって最適なソリューションを提供しています。IFS ApplicationsのサービスマネジメントとCMMSのソリューションは、当初、設備保全の分野で最も複雑で高い安全性が求められる原子力産業向けソリューションとして開発されました。以来、IFSはそのソリューションを企業設備資産管理(EAM)やERPへと拡張してまいりました。そして、現在、IFSのソリューションは、複雑な設備や機器の保全管理、メンテナンス・リペア・オーバーホール(MRO)、フィールドサービス管理、リバースロジスティクスなどの分野に業界屈指の機能を提供しています。これらすべてのソリューションは、企業の要件に応じて他の基幹業務機能と統合することができます。これこそが、本当のEAMシステムのあるべき姿なのです。

お問い合わせ

IFS社やIFS Applicationsに関するご質問は、下記リンクのフォームからお寄せください。

フォームはこちら

CMMS vs EAM - What's the Difference?

Computerized Maintenance Management Systems (CMMS) and Enterprise Asset Management (EAM) applications both touch the industrial maintenance space. How do CMMS applications and EAM applications drive value? How do you know if your company ought to implement one versus the other? These are the topics we will explore in this white paper.

Read more in this informative white paper