フリート管理&設備資産管理ソリューション

Tier3 Aerospace and Defense Cougar

IFSのフリート管理は、航空機、車両、鉄道、船舶など、保有する輸送機器全体の運用期間を最適化(寿命vsコスト)するための輸送機器管理を支援します。併せて、規制を順守しながら安全性を維持し、収益向上と維持管理コストの低減、稼働時間を増加して、運用期間内で稼働効率を最適化するための支援を行います。

IFSのフリート管理は、輸送機器の整備業務、改修プログラム(モディフィケーション)、構成管理、運行/稼働のアクティビティ管理に加えて、重整備に必要な構成情報の定義まで、市販の製品(COTS)で全てに対応できます。このソリューションにより、運用を妨げない適切なタイミングと最少のコストによる整備の実施と、正しい書類の作成、規定された構成の維持を確保できます。このソリューションはスタンドアローンでの利用も可能ですが、IFSの重整備、複合機器MRO、コンポーネントMRO/ラインメンテナンスソリューションと連携して使用することもできます。

ソリューションの特長

ラインメンテナンスの計画

IFS Applicationsでは、輸送機器に対する計画/計画外のラインメンテナンス作業を計画してスケジューリングすることができます。オペレーターが、タスクリストや運航スケジュールを更新するための運行状況を登録します。これに基づいて新規のメンテナンス作業指示が作成されて整備が実施され、完了した整備作業は機器の履歴あるいはログに記録されます。

保守プログラムの管理

フリート(保有する輸送機器全体)の運用管理で重要なことは、保守プログラムを管理することです。IFS Applicationsでは、周期(間隔)ベースの保守及び状態基準保守(CBM)の設定ができます。さらに、修理持越しの設定では、持越しできる不具合の種類と部材の種類の組合せ規則に応じて、重要度の低い整備の実施を延期することができます。IFSのソリューションでは、耐用期間と整備手順の定義も行えます。又、耐空性改善命令(AD)などに基づく改修の設定が必要な場合には、このソリューションで詳細情報の登録ができます。改修に基づいてテンプレート構成を変更したものを、新しい代替構成として使用できます。

マスター構成の管理

フリート(保有する輸送機器全体)管理において極めて重要なことは、機器の正確な構成を管理できることです。IFSのフリート管理でシリアル品情報を設計部品から直接取得できるようにIFS Applicationsのエンジニアリング機能と統合されています。保守のエンジニアが機器ごとのプラットフォームにテンプレート構成を定義して、個別の輸送機器構成を設定する場合にそのテンプレートを適用します。テンプレート構成の維持管理は非常に重要です。IFS Applicationsでは、アクセス制御モジュールによって情報の整合性を保ちます。

シリアル構成の管理

シリアル構成の定義では、シリアル品の構成全体を構築するために必要なすべてのアクティビティを管理することができ、IFSフリート管理ソリューションの中で輸送機器(航空機、鉄道車輛、船舶など)の構成として使用できます。このシリアル品は、在庫として保有可能で、「新品」あるいは「整備後に使用可能」といった状態を定義できます。システムにはシリアル品の選択支援する最適検索の機能があり、次回のメンテナンスを親(上位)機器のメンテナンスに同時に行うように調整することもできます。これにより、保有する輸送機器全体をバランスよく運用すると共に、整備工場での作業を円滑化し、作業量を低減します。

機器の運用

フリート管理ソリューションによって、オペレーターは利用可能な輸送機器とエンドユーザーからの要求を勘案して、フリートの運用を効率的に行えます。オペレーターは日常の運行計画を立てて各部門に輸送機器を割り当て、輸送機器の運用スケジュールを策定することができます。ソリューションに含まれるフライトログモジュールを使用して、オペレーターは稼働中の輸送機器に関する情報の参照や記録ができます。これにより、フリート管理に運行データが提供されて運行履歴の分析に使われます。

メンテナンス・エンジニアリングの実施

メンテナンス・エンジニアリングを実施するには、シリアルテンプレートを使ってシリアル構成情報を変更管理する機能が必要です。運用ログ、運行履歴データ、作業オーダーとOEM耐用期間データなどの情報を利用して信頼性分析を行い、製品レポートを作成することもできます。ソリューションでは、サービスブリテンや耐空性改善命令に基づく改修要件にも対応できます。又、計画文書と品質検査(MRB)の報告は、メンテナンス部門が保守プログラムを設定するために役立ちます。

工場整備と作業範囲

フリート管理ソリューションは、期日計算(整備予定)と工場整備 の作業範囲定義をサポートしています。期日計算(整備予定)では異なるタイプの計算を実行でき、履歴データの平均値と運用パラメーターの計画値を算出できます。オペレーターは、耐用限度の到来、メンテナンス間隔と改修タスクの期日計算も行うことができます。期日計算(整備予定)の結果に基づく周期保守計画データの変更/リセットのオプション で、計画データか計画値のどちらかを変更できます。

フリート予測

運行予算(使用予定:飛行時間や飛行距離)に基づいて算出された今後数年間に必要なフリート(例:飛行機や鉄道車両)、オーダー履歴、不具合履歴、運用ログ履歴(例:飛行時間や飛行距離)をIFS Applicationsで参照できます。又、予測期間(例:5年)に対する予防保全と事後保全の予定を計算できます。予測計算の結果による資材要求(部品や構成品、消耗品等)をシミュレーションした後で、在庫引当ができ、生成された作業オーダーに対して低減できます。さらに予測機能では、工場ごとの能力/資源の所要も参照できます。

お問い合わせ

IFS社やIFS Applicationsに関するご質問は、下記リンクのフォームからお寄せください。

フォームはこちら

White Paper: The holistic value of HUMS in Enterprise PBL Support Solutions

Examine the benefits of how information from Health Usage Monitoring Systems (HUMS) can be synchronized with enterprise performance based logistics (PBL) support solutions to significantly enhance data collection, optimize maintenance, increase support chain efficiency, reduce process/resource steps and provide corporate analysis in order to inform mission planning of future campaigns.

Read More in this Informative White paper