プロジェクト・ライフサイクルのあらゆる側面に対応する
プロジェクト型事業管理の統合ソリューション

複雑なプロジェクトの管理者は、多くの場合、入札、商業登録、見積り、設計、調達、加工、計画、原価管理、建造、据付、試運転といったプロジェクトの各段階を別々のソフトウェアで管理する必要に迫られています。

IFS Applicationsのプロジェクト型事業管理(Enterprise Project Management:EPM)ソリューションは、これらのプロジェクトの各段階をひとつのプロセスとして統合し、現在進行中の活動からリアルタイムでデータを取得し、プロジェクト計画に取り込みます。これによりプロジェクトの管理の大幅な効率化と可視化を実現できるとともに、おそらく他のプロジェクト管理アプリケーションでは困難な、原価、キャッシュ、時間、リソース、リスクのリアルタイムな管理を可能にします。IFSが提供するプロジェクト受注型ビジネス向けソリューション(Project-Based Solution:PBS)は、プロジェクト管理の原則に従って構築された、真の企業向けプロジェクト管理ソリューションです。

だからこそ、IFS Applicationsは海上油田リグや天然ガス掘削、航空・防衛産業、受注設計生産、鉱業、インフラ開発、造船、建設やエンジニアリングといったプロジェクト型で事業を行う産業にとって最善の選択肢となっているのです。

お問い合わせ

IFS社やIFS Applicationsに関するご質問は、下記リンクのフォームからお寄せください。

フォームはこちら

Enterprise Project Management Resources

Resources

ホワイトペーパー:ERPはプロジェクト型事業をどのように支援できるのか?

IFSは、下記の業種の中堅から大企業の幹部を対象に、市場のERP製品がプロジェクト受注型ビジネスのニーズをどれほど満たしているかを調査しました。

  • 受注設計生産メーカー
  • 航空宇宙および防衛産業
  • 設計、調達、建設請負(EPC業)
  • バッチプロセス製造のような資産集約型産業

Read more in this informative white paper