プロジェクト管理を実現するERP

プロジェクト管理を実現するERPソフトウェアは、受注設計開発生産、建設およびエンジニアリングといったプロジェクト型で事業を行う環境のための真のERPソリューションを提供します。IFS Applicationsは、プロジェクト型事業向けソリューション(PBS:Project based Solution)またはエンタープライズ・プロジェクト管理ソフトウェアと呼ばれ、さまざまな形態やさまざまな場所で実施される複雑なプロジェクト環境を管理するための最適なソフトウェアです。

プロジェクト管理を実現するERPソフトウェアは、単なるERPやプロジェクトポートフォリオ管理ではありません。これは、繰り返し生産のように予測可能なプロセスを中心に構築されたものではなく、エンジニアリング、建設 、組立、試作、保全サービスのように1回限りのプロジェクトを中心に構築されたERPソリューションです。

防衛産業、石油&ガス産業、ハイテク産業、重機製造業など、世界中のさまざまな分野のあらゆる規模の製造業者が、IFSの包括的なERPパッケージに統合されたプロジェクト管理ソリューションを選ぶのはなぜでしょうか?

答えはいたって簡単です。それは「統合」です。 IFSは、プロジェクトの実行に必要な標準機能に加え、特に会計、人事管理、資産管理に重点を置いた完全なプロジェクト・ライフサイクル管理ソリューションを提供しています。 ひとつの統合ソリューションにより、プロジェクトのあらゆる段階でリアルタイムのフィードバックが提供されます。これによって、当初の計画との差異を能動的に把握できます。また、プロジェクト中に何時いかなる場所でも情報が追加がされれば、自動的に計画が更新されます。つまり、単なる追跡調査に止まらないフォローアップが可能です。

さらに、アプリケーションのあらゆる情報を利用し、完了したプロジェクトをテンプレートとして将来のプロジェクトに生かすことができます。 これにより、原価管理およびリスク管理が非常に容易になり、予期せぬミスを回避できます。

IFS Project ERP Software Solution Map

ERPベンダーは、どのようにしてお客様のプロジェクトの効率化と収益性の向上を図るのでしょうか。 IFSには20年以上にわたるEPC業界での経験があります。  IFSでは変化に素早く対応できるソフトウェアを提供しています。IFSには、同業界で確固たる実績があります。

IFSにはこれらを「統合」したソリューションがあります。 IFSは、プロジェクトの実行に必要な標準機能に加え、特に会計、人事管理、資産管理に重点を置いた完全なプロジェクト・ライフサイクル管理ソリューションを提供しています。 ひとつの統合ソリューションにより、プロジェクトのあらゆる段階でリアルタイムのフィードバックが提供されます。これによって、当初の計画との差異を能動的に把握できます。また、プロジェクト中に何時いかなる場所でも情報が追加がされれば、自動的に計画が更新されます。 これは、法規制が改正された場合にも当てはまります。もはや、 間違いや遅延が発生しやすいマニュアル入力は過去のものです。そして、フォローアップとは、「遅れを取り戻すこと」ではないのです。

さらに、アプリケーションのあらゆる情報を利用し、完了したプロジェクトをテンプレートとして将来のプロジェクトに生かすことができます。これにより、原価管理およびリスク管理が非常に容易になり、予期せぬミスを回避できます。

IFS Project ERP Software Solution Map for EPC

すべての設備を従来の生産プロセス(MRP)で管理するのではなく、プロジェクトの計画に従って調達または生産するプロジェクト主導型の資材管理を行うことで、時間とコストを節約することができます。

契約管理および外注管理を使って、購買オーダを使用した従来の方法とは異なるやり方で、複雑な契約や体系化されていない成果物を固有のルールで進捗管理および請求処理できます。

また、需要予測とプロジェクト会計を使って、会計期間に関係なくプロジェクトの精算と需要予測を行うことができます。 さらに、プロジェクト会計を使って、プロジェクト進捗の自動追跡と収益認識のルーチンの自動化を実現できます。 組織全体の情報フローおよび可視化を実現し、自動変更管理を考慮するソフトウェアが用意されています。

IFS Applicationsは、これらのすべての管理とその他の管理を統合したものです。

IFS Project ERP Software Solution Map

お問い合わせ

IFS社やIFS Applicationsに関するご質問は、下記リンクのフォームからお寄せください。

フォームはこちら

Enterprise Resource Planning Resources

Resources

ホワイトペーパー:プロジェクト事業向けERPでプロジェクト原価を把握する

多くのERPソフトウェアは、受注設計生産、 設計・調達・建設(EPC)、サービスプロバイダーのようなプロジェクト受注型のビジネスにおいて、効果的に原価を把握できるようには作られていませんでした。このホワイトペーパーは、プロジェクト原価を把握する上での組織的あるいは技術的な障壁について、また効果的なプロジェクト原価管理のために理想的なERPを選定する条件について取り上げています。

Read more in this informative white paper