IFSは、自社の保全業務のみならず他社にサービスを提供するサービスプロバイダー向けに、包括的なエンド・ツー・エンドのサービス管理ソリューションを提供します。これは、複数のベンダーのサービス管理システムを所有することによるコストを低減し、バックエンドからフロントエンドにいたるまでのサービス管理に関わるすべての業務を統合し、効率化と自動化を促進することを支援します。IFS Applicationsによって、サービス業務を簡素化し、資産集約型のビジネスを行う企業に向けたMRO機能(メンテナンス、リペア、オーバーホール)を含む完全なサービス管理ソリューションを実現することができます。

導入実績

  • 10% 設備資産の改修率の伸び
  • 95%+ サービスレベルアグリーメント(SLA)の達成率
  • 100% 予防保全の達成率

資産集約型ビジネスのためのフィールドサービス管理

IFSのERPをベースとした独自のサービス管理ソリューションでは、より綿密な計画に基づいた予防保全を行い、予期せぬ変更や当日の変更を低減します。また、このソリューションはバックエンドのフィールドサービス管理システムともシームレスに連携することができるので、サービスレベルアグリーメント(SLA)やコンプライアンスの遵守を強化したり、リソース最適化エンジンにより、長時間にわたる複雑なフィールド作業を最適化することができます。

詳細はこちら

メンテナンス、リペア、オーバーホール(MRO)

航空機の重整備や装備品修理を請け負う企業、部品とアフターサービスを提供するOEMメーカー、エンジンのMRO(メンテナンス、リペア、オーバーホール)プロバイダーに向けて、IFSはこれらの企業のビジネスを支援するMROソリューションを提供しています。IFSは、航空機産業や原子力産業など規制の厳しい業界の課題にも対応したソリューションを提供しています。

詳細はこちら

企業設備資産管理(EAM)

企業設備資産管理(EAM)は、現在主流となっている設備保全管理(CMMS)を上回る成果をもたらすものでなくてはなりません。IFS Applicationsでは、包括的なERPソリューションの一部として、設備資産管理(EAM)やその他の要件を満たす上で必要な機能を自由に選択し、導入できます。

詳細はこちら