要件の厳しい資源最適化計画を実現する、
サプライチェーン管理ソリューション

ERPを実現する上で、サプライチェーン管理は独立した要素ではなく、ビジネス全体を構成する要素であり、会計、生産、購買、販売などの他の分野とさまざまな形で依存しあうものです。IFS Applicationsのサプライチェーン管理機能は、IFSのERPソリューションの中核を占めるコンポーネントであり、購買から事業活動が環境に与える負荷の管理にいたるまでのバリューチェーンの中で以下のメリットを提供します。

  • 強力な需要予測ソリューション
  • 製品や資材のアベイラビリティを向上させ、顧客サービスを改善する調達管理
  • 資材調達活動の可視化と調整を促進するマルチサイト物流
  • 調達から販売までの在庫ライフサイクル管理
  • 在庫のトレーサビリティを向上させるRFIDやバーコードスキャン用モバイルアプリの活用

お問い合わせ

IFS社やIFS Applicationsに関するご質問は、下記リンクのフォームからお寄せください。

フォームはこちら

Supply Chain Management Software Resources

Resources

ホワイトペーパー:製造業のサプライチェーンの無駄をなくす、10通りのERP活用方法

サプライチェーンという連鎖の中で効率を追求する際に重要となるのは、調達、生産、販売、受発注管理といった企業内のさまざまな活動の全体像を見る視野を持つことです。つまり、ある程度のエンタープライズ技術を駆使して、個々の部門ではなく、全社的に統合された一覧のプロセスの中で組織を見る必要があるということです。しかしながら、ERPでリーン・サプライ・チェーンを実現するためには、まずは製造業の管理者がリーン・サプライ・チェーンという観点から自社の活動を考えることから始める必要があります。この資料では、これらの観点を見直し、リーン生産活動の基礎となる概念を共有していきます。

Read more in this informative white paper