Skip to main content

エネルギー・公益・天然資源

ERP、設備資産管理(EAM)、フィールドサービス管理(FSM)ソリューション

エネルギー・公益・天然資源向けソリューション

IFSは、エネルギー産業、公益産業、天然資源産業に向けて、ERP、設備資産管理(EAM)、フィールドサービス管理(FSM)のソリューションを提供しています。IFSは、第三者機関から設備資産管理向けソリューションのリーディングプロバイダーとして高い評価を受けており、資本集約型企業、一般消費者向けサービスプロバイダー、製造業のビジネスを支援しています。

 

発電所

IFSの歴史は、原子力発電所向けのソリューション開発から始まりました。IFSのソフトウェアは、現在も同じ発電所で使用されており、廃炉作業を支援しています。IFSのソリューションは、発電方式を問わず、複雑な設備の管理に必要な機能を提供し、発電所のライフサイクルを通してバリューチェーンの創造を支援します。

詳細はこちら

テレコム事業者

5Gなどの新たな通信規格の出現により、テレコム産業は、さまざまな設備や機器と接続可能な業務アプリケーションを導入し、多種多様なニーズに対応しながら効率的な通信環境を維持することが求められています。このようにスマート化された通信環境においては、ネットワークに分散する設備や機器の管理は、これまで以上に複雑化しています。

詳細はこちら

送配電事業者

IFSのソリューションは、複雑なネットワーク設備の管理、設備のパフォーマンス管理の最適化、組織内のすべての予算とコスト目標の達成、および基地局と利用者を結ぶラストマイルのサービスの強化や顧客満足度の向上といった効果をもたらします。

詳細はこちら

石油・天然ガス産業

石油および天然ガス産業向けIFS Applicationsは、プロジェクト管理ソリューションとして、プロジェクトのあらゆる情報を可視化し、透明性を高めます。業種向けに最適化された機能によって、あらゆる資材、プラント、HSE(健康・安全・環境)およびHR(人材)の制約を考慮した複雑な設備資産管理と保全計画が可能になります。

詳細はこちら

鉱業

採掘車を自動化し、絶え間ない採掘作業を行うことは、まだ実現していません。しかし、採掘現場への情報通信技術の導入が進むにつれて、設備資産管理とIoTに対するニーズが高まっています。設備の信頼性を高め、生産性を改善させることは、引き続き取り組むべき重要な課題です。

詳細はこちら

港湾ターミナル

港湾ターミナルの自動化が進むにつれて、設備資産管理(EAM)の重要性が高まっています。すべての設備や機器を常時利用可能な状態に維持し、これらの生産性を高め、ダウンタイムを最小限に留めることが求められています。IFS Applicationsが提供する設備資産管理(EAM)のソリューションは、設備の可用性と生産性の向上を支援しています。

詳細はこちら

パルプ・製紙、金属

通常、パルプや製紙、金属などのプラントでは、製造ラインが自動化されています。プラントや生産設備への多大な投資から最大限の効果を得るためには、優れたメンテナンスが欠かせません。資産集約型産業においては、設備の稼働率向上、コスト管理、プロジェクト管理が収益性改善の鍵となります。

詳細はこちら

上下水道事業

規制の厳しい上下水処理事業において、ビジネスのあらゆる側面を管理するためには、広範な業務を支援するソリューションが必要です。さらに、地理空間情報ソリューションとの統合により、上下水道網周辺の地理的状況を把握することも肝心です。上下水道インフラは、しばしば改修、交換、拡張が行われ、これらのプロジェクトと設備資産のライフサイクル管理が重要になります。

詳細はこちら