サービタイゼーション:来るべき未来のために製造業がなすべきこと

サービタイゼーションが再び注目を浴びている背景には、国内外での競争の激化、製品のコモディティ化などいくつかの要因があります。その結果、利益が圧縮され、新しい収入源が求められています。より安く、より早く、よりよい製品を提供すれば競合に勝てるという「今まで通用していた慣習」を継続するかわりに、多くのメーカーは、サービスプロバイダーとして、製品だけでなく総合的なソリューションを提供する方向に転換を図っています。

サービタイゼーションは、多くのメーカーに以下のようなメリットをもたらします:

  • OEM向けサービス収益が、年間5~10%の増加
  • 25~30%のメンテナンスコスト削減
  • 10%の燃料消費の削減
  • 二酸化炭素排出量を10~15%抑制

詳しくは、PDFをダウンロードしてご覧ください

File Information: ホワイトペーパー,   pdf   0.7 MB

ダウンロードホワイトペーパー

資料のダウンロードをご希望の方は、下記フォームからご登録をお願いします。(※フォームは、日本語で入力してください。)

Your Details