IFSのコンポーネントMROソリューション

Aerospace and Defense Landing Gear Maintenance

IFSのコンポーネントMROソリューションは、構成品や組立品の修理と改修業務の管理を行うパッケージ・ソフトウェア(COTS)です。

独立した事業として構成品の修理を運営していたり、修理サービスを顧客に直接販売している企業は、このソリューションを利用して機器の改修業務の管理を支援することができます。あるいは、保守受託業者や装置メーカー(OEM)は、IFS Applicationsの重整備および複合機器MROソリューションの支援機能としてこのソリューションを利用し、作業オーダーや製造オーダーから派生する修理作業の管理を行うこともできます。IFSのコンポーネントMROソリューションは、複合機器MROと重整備ソリューションにならぶ、IFSのMROソリューションのひとつです。IFS Applicationsを通して、主要な組立品または装備品の修理、オーバーホールおよび改修業務を支援するために、次のような機能を提供しています。

ソリューションの特長

修理依頼の管理

IFS Applicationsでは、顧客からの修理依頼を構成品修理オーダー(付属部品リストを含む)形式で管理することができ、修理部門の業務を支援できます。構成品修理オーダーを承認することで、受注オーダーが生成されます。

修理品の受入と引当

構成品修理オーダーには、顧客の修理品を受け取る機能があります。修理品の受入には、構成品修理オーダーから直接受入報告を行う方法と修理品の受入用に購買オーダーを作成する方法があります。修理品を受け入れると、それを入庫して在庫と修理オーダーが更新される前に、受入検査を行うことができます。

修理作業範囲の定義

構成品修理オーダーの定義機能の中で、オーダーに紐付けられた修理品の検査と事前に定義されたサービス(修理)内容の選択ができます。これによって、作業範囲の定義やタスクリストの生成を行うことで、修理部門に取外し修理または作業オーダーの形で作業指示を行うことができます。

作業範囲の実施

IFS Applicationsを使って、構成品修理オーダーの作業範囲に定義された業務プロセスを実施することで、計画から準備、修理、承認までの作業オーダーの全ライフサイクルを管理することができます。また、IFS Applicationsでは、作業オーダーが開始された後でも作業範囲の定義を変更することができます。

原価と売上の管理

修理が完了すると、IFS Applicationsでは、構成品修理オーダーに適用される保守サービス契約を考慮して、 修理プロセスで生成されたトランザクションから関連するすべての原価と売上を管理します。

お問い合わせ

IFS社やIFS Applicationsに関するご質問は、下記リンクのフォームからお寄せください。

フォームはこちら

Brochure: IFS Applications for MRO

Read how IFS Applications for MRO can help deliver on time, conform to regulatory controls and improve turnaround time to provide your customers with the best value possible and maximize your profits. Learn about the one single solution that can help you manage CRO request, manage part receipts and reservations, define CRO work scope, execute CRO work scope and manage CRO cost and sales lines.

Read More in this Brochure