IFSの重設備MROソリューション

Aerospace and Defense Heavy Equipment MRO

IFS重整備ソリューションは、航空機(固定翼機および回転翼機)、大型船、潜水艦、複雑な陸上車輛など、輸送機器の大規模なメンテナンスやオーバーホールに対応しています。

IFS重整備ソリューションは、複合機器の整備を最上位レベルから実施する手順(分解、点検、修理、改修、オーバーホール、組立)を市販のソフトウェア(COTS)としてテンプレート化したソリューションです。多くの場合、施設の能力として米国連邦航空局(FAA)の連邦航空規則(FAR)Part145に基づいて認可を受けた修理工場が含まれ、個々の装備品に対する取り卸し修理(オフウィング)やオーバーホールが行われます。IFS Applicationsでは施設および設備の保全管理機能も提供しているので、法規制を確実に遵守できるように整備施設の維持管理を行うこともできます。

ソリューションの特長

工場整備の定義

受託事業者(サービスプロバイダー)と依頼者(機器のオーナー)は、全ての整備と必要な修理を考慮して最適化された整備計画パッケージに含まれる整備範囲の作業内容について双方が合意する必要があります。プロジェクトとして業務を管理して整備作業に対する原価要素を設定/管理できるように、整備作業範囲のオーダー構成をプロジェクトの構成に接続できます。さらに、整備範囲の定義によって業務が明確化され、全行程を通して進行中作業の進捗を管理できます。また、作業の効率化と実施を最適化するため、整備作業のグループ化や調整、順位を付けといったプロジェクト管理の標準機能を使用しています。

整備作業の計画

スケジューリングでは、メンテナンス責任者やチームリーダーが使用できるリソースや設備の能力、資材のアベイラビリティなどに基づいて整備範囲に含まれる作業項目のスケジュールを作成できます。工場での整備が効率的に実施できるよう、計画段階で設定された作業間の依存関係を使用しています。ガントチャートは作業の進捗状況を可視化するばかりでなく、整備作業の実施中に認識された追加作業など、作業範囲に対する変更の記録もサポートしています。要求資材が必要な時に必要な場所で確保できるように、プロセスを通じて資材の引当や紐付けができます。複数の作業オーダー/作業工程は、進捗ステータスによって進捗が記録されて、管理者が実際の進捗状況を視覚的に把握できるようにガントチャート上のバーとして表示されます。

整備の実施

工場整備のプロセスでは、作業オーダーをスケジューリングしてリソースを割当し、タスクを処理するリソースと作業工程の割当、資材の引当/払出を行って作業を実施/完了します。タスクの作業工程が完了しても予定外/緊急の追加作業が見つかった場合、既存の作業範囲を修正してそこに統合するか、又は追加作業の実施を延期して他の作業パッケージに含めるかします。作業が完了したら、進捗ステータスは更新され、タスクの作業工程はクローズまたは検査準備の状態に変更されます。

工場整備作業の終了

このプロセスでは、整備作業の全ての要件が正しく完了したことを確認するため、タスクコードとタスクカードを検証します。

お問い合わせ

IFS社やIFS Applicationsに関するご質問は、下記リンクのフォームからお寄せください。

フォームはこちら

Brochure: IFS Applications for MRO

Read how IFS Applications for MRO can help deliver on time, conform to regulatory controls and improve turnaround time to provide your customers with the best value possible and maximize your profits.

Read More in this Brochure