IFSのライン・メンテナンス・ソリューション

Aerospace and Defense Engine Line Maintenance

IFSのラインメンテナンス・ソリューションは、主に輸送機器(航空機や車輛など)への積載や積み降ろし、あるいは整備作業時に起きる予定外の事態に対して行われる、小規模な計画/計画外のメンテナンス業務を支援します。このソリューションは特別なトレーニングや設備/施設を必要としないサービシング(燃料補給や清掃など)や検査を含む計画点検にも対応しています。このソリューションは航空機、車輛および船舶などに適用できます。

IFSラインメンテナンス・ソリューションは、対象の輸送機器が運用されている間に行われる特定の比較的容易な調整作業に適用されます。

IFSラインメンテナンス・ソリューションは、IFSのフリート管理&設備資産管理ソリューションやサプライチェーン管理ソリューションが提供する機能と完全に統合されています。また、IFSサービスマネジメントを使用して整備作業の実施に必要な電気自動車や油圧牽引車、作業台やリフトなどの地上支援設備(GSE)もサポートできます。

ソリューションの特長

作業実施の計算

IFS Applicationsの作業実施計算によって計画担当者は、輸送機器がターンアラウンド(到着から出発まで)時間内に整備作業を行うためのアクティビティを、日常業務の特定時間帯に割当可能か否かを判断できます。

整備の計画・スケジュール・実施

メンテナンス事業者/部門は、ラインメンテナンスの計画とスケジューリング、作業の実施を効果的かつ効率的に行うためにIFS Applicationsを活用できます。具体的には、整備指示の確認、技術者の割当、資材や工具/施設の準備から作業オーダーによる実施と履歴の管理などが含まれます。

シリアル構成管理

輸送機器のシリアル構成に対するすべての変更をIFS Applicationsで記録/管理できます。構成変更のプロセスでは構成のステータス管理ができ、機器の稼働状態に併せてサービサビリティタグの生成、及びCRS文書の作成ができます。

計画外メンテナンスの管理(事後/復旧保守)

これは輸送機器やシリアル品の故障や不具合を報告するために使われます。故障や不具合は、輸送機器やシリアル品の運用時、又はメンテナンス中に発生します。計画外メンテナンスには、コンディション・メンテナンス(状態基準)に基づく作業要求や機器に取り付けられたHUMSシステムが生成する作業も含まれます。

メンテナンス作業管理

この作業管理プロセスでは、業務管理者が内部作業の問題や作業延期の要求を管理できます。これには、技術記録の管理、ラインメンテナンス作業チームの調整、メンテナンス事業者の開示要件に則して主要なインシデントに関する作業を管理する機能が含まれます。

お問い合わせ

IFS社やIFS Applicationsに関するご質問は、下記リンクのフォームからお寄せください。

フォームはこちら

Whitepaper: Why Aviation and Defense Needs Mobile MRO

What is the case for mobility solutions for the war fighter sustaining military assets? How can you select the right software when most enterprise software used to sustain A&D assets seems to have been designed under the assumption that these activities occur in a controlled and predictable setting?

Read More in this Informative Whitepaper