アジリティは偶然に得られるものではありません

Business Agility Home

ここにアジリティの専門家がいます。IFSは、常にお客様のアジリティの向上を支援することを念頭において、製品開発に取り組んでいます。30年以上の歴史のあるIFSの製品は、当初から、非常に複雑なグローバルビジネスやプロジェクトであってもアジリティを高めることができるように設計、開発されています。

IFSで真のビジネス・アジリティを手に入れる

IFSでアジリティを獲得

IFSは、これまでに石油・ガス産業から複雑な産業用機械製造業にいたるまでさまざまな業種の2,200社を超えるお客様に製品を提供してまいりました。そして、業種ごとに設けられた専門チームは、お客様が順応性を高め、先見の明を持ち、変化に素早く対処するためのノウハウを提供してきました。ここで、IFSのお客様の事例を一部ご紹介いたします。IFSのお客様は、どのようにしてアジリティを高め、効果を得られたのかご覧ください。

ビジョン: IFSは、バリューチェーンの強化、国外市場への進出、買収と合併など、お客様のビジネスの成長を迅速かつ柔軟に支援します。英国海軍向けエンジニアリング・サービスのプロバイダーであるバブコック・マリーン(Babcock Marine)は、IFS Applicationsを使って、同社の戦略的な成長に対応しました。

ナレッジ: 従業員、資産、在庫、顧客などいかなる情報もIFS Applicationsで追跡管理でき、必要なときに適切なユーザーが必要な情報にアクセスすることができます。醸造酒メーカーのWilliam Grant and Sonは、IFS Applicationsを使って、コストを細部にいたるまで追跡管理しています。

フレキシビリティ: モジュール方式のソフトウェアであれば、新たなビジネスチャンスもしくは問題に直面した場合でも、すぐに業務プロセスを変更したり、機能を拡張することが可能です。

当初からアジリティを考慮して設計されたソフトウェア

IFSは、ERP(企業資源の最適化計画)ソリューション、EAM(企業設備資産管理)ソリューション、ESM(企業サービス管理)ソリューションを提供しています。IFSは、これら3つのいかなるソリューションにおいても、お客様が真のビジネス・アジリティを手に入れるために必要な基礎を提供しています。

ビジョン: IFSのERPソフトウェアは、当初からモジュール方式で設計、開発されているので、新しい機能を素早く容易に追加することができます。つまり、ビジネス戦略や市場のニーズの変化に応じて、ビジネスを中断したり遅延させることなく、ただちに全社的な構造改革を行うことを可能にするものです。ホワイトペーパーのダウンロードはこちら

ナレッジ: IFSの製品によって、部門間や協業先あるいは顧客とのやり取りやその過程で生じたさまざまな情報をひとつに統合し、全社的に知識を共有し、共通認識を持つことができます。IFSの製品は、使い勝手の良さ(ユーザビリティ)とオフィスの外でも利用できること(モビリティ)を念頭において設計されているので、ユーザーは、顧客、資産、プロジェクトの各ライフサイクルを通して信頼できる情報をリアルタイムに把握することができます。

フレキシビリティ: ERPソフトウェア「IFS Applications」によって、ビジネスを中断したり、混乱させることなく、素早く業務プロセスを変更し、ベストプラクティスを適用することができます。IFS Applicationsは、いつでも必要な時に機能拡張、設定変更、再構成することができます。その際、セキュリティを損なう恐れはありません。また、高額なコンサルタント費用も必要ありません。

IFS Applicationsを使って予測できない未来に備えるには

ERPソフトウェア「IFS Applications」は、当初からモジュール方式で設計、開発されているので、新しい機能を素早く容易に追加することができます。これはつまり、ビジネス戦略や市場のニーズの変化が生じた場合には、ビジネスを中断したり遅延させることなく、ただちに全社的な構造改革を行うことを可能にするものです。

ホワイトペーパーはこちら

IFS Applicationsを使って予測できない未来に備えるには

ERPソフトウェア「IFS Applications」は、開発当初からモジュール方式で設計されているので、新しい機能を素早く容易に追加することができます。これはつまり、ビジネス戦略や市場のニーズの変化が生じた場合には、ビジネスを中断したり遅延させることなく、ただちに全社的な構造改革を行うことを可能にするものです。

ホワイトペーパーはこちら

なぜ、アジリティが必要なのか?

企業にとって、アジリティを備えることはかつてないほど重要なことになりました。しかし、どうすればアジリティを手に入れることができるのでしょうか。

ビジョン:想定外の出来事に備える

いかにしてビジネス戦略および成長目標とテクノロジー基盤を結びつけるのでしょうか。

ナレッジ: 予期せぬ出来事を特定する

課題あるいは新たなビジネスチャンスを特定するには、情報に素早くアクセスできることが重要です。